ちゃんと使っていれば一生持つ

今流行りのインプラント。
一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。
当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、その分、人工歯の寿命が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。
外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活を送ってください。
日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動は控えることが望ましいです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と確認しておきましょう。
最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる義歯と人工歯根のことです。
歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
インプラント治療を受けようとすると、全て自費なのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。
インプラントは、それらのパーツの構成により、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。
人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。
この2ピースタイプはさらに、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。
インプラントの特長として、しっかりと噛むことができ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。
両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。
たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらの病気を完全に治す問題が生じます。
さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればかなり困難なケースでも治療ができるようになっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。
毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。
他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのどこかに当てはまる方は治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。
こちらもどうぞ>>>>>歯 黄ばみ 除去