インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどの名前をつけて信販会社のローン商品を使える歯科医院が増えています。
全ての費用を現金一括払いできなくても、インプラント治療の開始はできるケースが増えました。
インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという患者さんに適用されるのが普通です。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術に至るまでの検査や治療、術後のアフターケアなどの点で歯科医の技量は厳しく問われるので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。
ケースによっては数十万円の負担になることも珍しくありません。
そして、治療にミスや失敗があると健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
一般的なインプラント治療は、3つの段階に分けられます。
一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、高額になることを知っておいてください。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、厳しい条件を満たさなければならず、自費診療として始めるしかないのが高額の負担を避けられない理由です。
現状では最低線が十数万円、高価な材質を選ぶなどで費用はその数倍に及ぶことを承知しておく必要があります。
利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。
担当医の指示通りに痛み止めを服用し、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、直ちに歯科で診てもらってください。
チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを定期的に行っていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。
保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても費用が異なることも事実です。
そして、定期検診にも費用がかかってくるといったことも他の歯科治療と異なります。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。
それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。
アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。
それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。
よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。
この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。
引用:ホワイトニングの効果は歯磨き粉を比べて効果が高い