二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。

今、二人子供がいます。

長男が生まれていましたから、二人目は女の子だったらいいね、と主人と話したことがあったので、本当に産み分けが出来るのかな?と半信半疑な気持ちで読んでいました。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けに挑戦してみました。
妊娠が分かったときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって性別が判明する時までは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、無事に女の子を妊娠することが出来ました。
妹が出来た、と家族で喜んでいます。
妊娠を希望する女性や、妊娠中の女性の健康をサポートしてくれるサプリと言えば、ピジョンが発売している葉酸サプリです。
こちらの会社が販売している葉酸サプリには数種類の葉酸サプリが売られていますが、殆どの製品が葉酸だけでなく鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。
どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。
この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。
管理も楽なので、おススメです。
ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。
私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。
不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。
タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、一向に妊娠の兆候が見られなくて、義妹や姉のところに子供ができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。
ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の処方を受けると、二周期ほどで妊娠できました。
ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。
ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。
例えば、果物に限った話では、イチゴが代表的ですね。
あまり店頭では見かけませんが、ライチにも多くの葉酸が含まれていると発表されています。
それ以外では、アセロラやキウイフルーツ、意外なところでは柿にも葉酸は多く含まれています。
元来ビタミンの豊富な、かんきつ類もその代表でしょう。
簡単に葉酸を摂取したい場合は、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良い方法だと言えますね。
妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。
葉酸は様々な食材に含まれている栄養素ですが、理想的に摂取することによって、神経管閉鎖障害などの先天的な障害が発症しにくくなるからです。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。
ですから天然素材の葉酸サプリメントにすることが忘れないようにしてください。
葉酸は妊娠初期の細胞分裂を促進させ、造血作用を高める効果があります。
それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、妊娠しやすくなるというわけです。
造血作用で血液が増えることで、新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊治療に役立つのです。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。
妊娠後、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は胎児の正常な発達に働きかけ、先天異常などを発症するリスクを低減する可能性があると知られています。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることを推奨します。
2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。
長女が生まれているので夫は夫婦二人での受診には消極的で、話を切り出しづらくて、まず、排卵周期を知る「タイミング療法」でトライしてみました。
1回3500円?4000円という値頃感で続けましたが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
それが功を奏したのか、服用後2か月には下の子を授かりました。
妊娠前から妊娠初期の摂取が最も大切だと言われる葉酸ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、適切な摂取が必要です。
サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。
ですがサプリには食品に含まれる葉酸量の数倍もの葉酸が配合されています。
ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、正しい飲み方で摂取するようにしましょう。
どのようなサプリでも過剰摂取は身体に悪影響を及ぼしますが、葉酸の場合は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。
胎児への影響としては、喘息にかかりやすくなるというケースもあるようです。
妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
受胎時からおなかの中の赤ちゃんは細胞分裂を始めますが、葉酸にはこの細胞分裂を正常に促す作用があると言われています。
そのため、十分な葉酸を摂取できない場合は、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症するリスクが増加するという報告があるのです。
受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠前から妊娠初期にかけての期間は、食事で摂取する分の葉酸以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。
サプリや栄養補助食品による補給も、厚生労働省が推奨しています。
続きはこちら⇒妊婦さんに効果的な葉酸サプリを飲んでみた