新たな歯科治療の形として注目を集めている治療法であるインプラント。

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。
これは重要な事実です。
インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。
ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になる場合があることに留意してください。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのがだいたいの流れです。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。
歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。
その人工歯には、色々な形式があり、その多くが表面の素材にセラミックを使用しています。
プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。
患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも覚悟してください。
加えて、治療が失敗してかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。
誰でもインプラント治療ができるわけではありません。
その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。
保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因で費用の差はかなりありますし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に選択肢としてインプラント治療があります。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を要求する方に向いています。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療成功の絶対条件となります。
組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが確実にマイナスの作用があります。
インプラント治療の成功を願うなら、治療を受けている間は禁煙を決意してください。
最近よく聞くようになったインプラント。
差し歯とはどう違うのか見てみましょう。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
あわせて読むとおすすめ⇒ホワイトニングの効果の良さを実感出来る